« キャンドルナイト | トップページ | ブログ会 再開 »

2007/06/25

祝!椿山荘へ

Cimg01151
そらのために注文した着物が届きました
男児の場合父方の家紋を五ヶ所に入れる「五紋」で紋入れするそうです
女児は一般的には入れませんが希望で入れたい場合は
背中に一ヶ所入れる「一つ紋」になるそうです

実はmamaとpapaは元々姓が一緒
だから結婚しても名前が全く変わらないmamaですが
それでも家紋は違うようです
ひまわりのときはベビードレスだったので
そらは男らしく着物で記念撮影することにしました
向かった先は日本庭園が素晴らしい椿山荘
Cimg0360
椿山荘は55年前、昭和27年に開業されました
古来より椿が多くあり「つばきやま」と呼ばれていたそうです
庭園の広さは約2万坪で東京ドームの1.5倍に相当します
草花や木々が溢れか池や滝、川が流れ一つの山がここにあるといった感じで

四季を楽しみに訪れる場所としてもまたふさわしいところです
Cimg0327
今日はmamaの両親と日光の祖母が偶然上京することになったので
計7人の参加になりました
全員正装、ひまわりも着物で撮影しました
庭園をゆっくりと散歩しながらお食事処へ向かいました
木々を鑑賞し史跡めぐりをしながら庭園を全て回ると40分ほどになります
Cimg0277

Cimg0316 Cimg0242 Cimg0318
Cimg0240_1 Cimg0251 Cimg0257
Cimg0310 Cimg0305 Cimg0311
椿山荘には見所がいっぱい
七福神の中のひとつをパチリ
「特に幸せとゆとりのある生活に必要な収入をかなえて下さいます」
お願いしま~す

そして水車や滝、昭和29年に建てられた藁葺き屋根の「長松亭」
有明文化財に登録されている「三重塔」は室町時代のもののようです
それから椿山荘の最古の木は見事でした
樹齢500年、根元の周囲は4.5mだそうです
Cimg0274
「福の亀」と名付けられた大きな亀形をしたこの石は
全く天然のままの甲州御影石です
頭と手足もきちんとあってまさに亀です
亀甲模様の線は長年風雨にさらされて
石の柔らかい部分が風化して出来たもので
一万年以上の年月を経ていると推測されているようです
割れの隙間に挟んであるお金を「みつけたよーお金ー」と
抜いてしまっているひまわりでした
Cimg0326
お昼は庭園の中にある紅葉旅館の離れを昭和29年に移築された
「無茶庵」にて「蛍そば御膳」をいただきました
そう、蛍が見ごろを迎えたそうです!
6月下旬まで夜は美しく光る蛍を庭園で鑑賞できるそうですよ
夜の庭園は三重塔などライトアップされ、また雰囲気がグッと変わります
結婚式場だけに個室のある料亭や懐石料理店があるので
お祝いの席を設けるには最適な場所ではないでしょうか
お食事の前後に庭園を散策すればまた間がもつし、場が和むでしょうね
実はひまわりの七五三のお祝いの席としてココを希望していたのですが
あいにく個室は満席でした
そのため第二希望のとうふ屋うかいとなったわけです
来年のそらの初節句のお祝いの場にはここの予定です
Cimg0309 Cimg0285_1 Cimg0287_1
Cimg0290 Cimg0291 Cimg0295
Cimg0252 Cimg0342 Cimg0354
食後はまた少しお散歩を楽しみながら館内のカフェへ
ドリンクが980円!ん~高い…さすが椿山荘です…
庭園の入場料が加算されてんのかしら…
なんて家族で笑い話しをしちゃいました
フォーシーズンズホテルもお高いですものね…

お着物を汚しては大変なのでワンピースに着替えてアイスを楽しみました
Cimg0352

|

« キャンドルナイト | トップページ | ブログ会 再開 »

コメント

わぁ~また素敵なところだね~☆☆☆
ここって結婚式場なのかな?
ちなみになんて読むの?
そのままつばきやまそう?
はずかしいけど教えて~(^^;)

ココナッツは今年七五三だけど着物どうしようか迷ってたの。
一度しか着ないからレンタルでって思ってたけど、こういう機会があると着れるからいいよね~。
でもこういう機会もなさそうだし、レンタルしようかな~。
両家が集まる機会ってないのよ~(^^;)

ひまわりちゃんの時は赤の着物でやらなかったのね。
うちはちょー安いのに西松屋で買ったのだけど、あれ以来使ってない・・・。
本当はそれを直して七五三っていう手もあるのだけれどね。


投稿: MEGU☆ | 2007/06/25 15:46

男の子らしい、力強いお着物ですね!
素敵です。
ひまわりちゃんの着物も素敵~。
白地(ですよね?)の着物、大好きです。
(自分のがそうだからかな?古いですが・・)

お庭をお散歩したりお食事以外にもゆっくり出来て
いいですね。


投稿: uni | 2007/06/26 10:18

ごめんごめん~。
ちんざんそうって読むんだね~(^^;)
今日蛍が見れる場所ってどこかな~って話になって椿山荘の名前が出たの~。
蛍見てみたいな~。

投稿: MEGU☆ | 2007/06/27 16:30

MEGUちゃんへ
七五三のレンタルうちも検討していたのだけど
けっこう高いのよ。
これいいなって思うと5万とかね。
それなら買った方がいいでしょうって事で買うことにしたのよ。
それに買っちゃうと着せなきゃって思って機会をねらっては着せてる感じよ。
でも産着買ったならもったいないからそれ着せたら?
同じので気にしないなら被布は赤いのあるから貸そうか?
そう、ちんざんそうよ!

uniさんへ
着物選びはすごく時間かかりました。
男児の黒い着物は白模様系が多くて、私は金糸が多く入ったゴージャス(笑)なものが良かったのです。
ひまわりの着物も実は金糸が多く使われているので
そこであわせたかったのです。

投稿: お返事 | 2007/06/27 23:59

立派なお着物で素敵だね。
私は和装って発想がなかったけど、着物も男の子らしくてよいね。
うちは、お宮参りは白いベビードレスだったんだけど、既に3ヶ月を過ぎてたし、和風の顔とちょっとミスマッチだったなぁ・・・

椿山荘は、結婚式で一度だけ行ったことあるよ。
華やかな雰囲気だから、お祝いの席も盛り上がるね。
お庭は見てないので、機会があったら一度行ってみたいな。
そうそう、ちょっと前だけど「とうふ屋うかい」に思いがけず行く機会があったの。お庭から東京タワーが見えて、ちびとよ大喜び☆

投稿: リョーコ | 2007/06/28 01:20

こんばんは。
素敵なお着物…。立派ですね。
しきたりもしっかりと行っていて素晴らしいですね。
ひまわりちゃんもすっかりお姉さん。
ひまわりちゃんもお着物もワンピースも似合っていますね。
そらくんもすくすく育っているようでこれからも楽しみですね^^

投稿: わっふる | 2007/06/28 22:40

わっふるさんへ
しきたりを守るというよりはイベント好きな私です(笑)
行事があると先頭にたって計画を立てます。
ひまわりも言う事はすっかりお姉さん、でも行動は赤ちゃんになって赤ちゃん返りもピークです。

投稿: お返事② | 2007/07/07 21:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祝!椿山荘へ:

« キャンドルナイト | トップページ | ブログ会 再開 »